EDを発症してしまう際の考えられる原因1

■EDの原因は服用している薬の場合もある
病気の治療に飲んでいる薬ですが、その薬の副作用でEDになる場合もあります。
日本では、服用する前にEDの副作用がある事の説明がない場合が多く、以外な薬がEDの原因となっている場合もあります。

前立腺肥大症の薬は男性ホルモンを低下させる作用がある
EDの原因となりうる薬はかなり有り、多岐にわたります。
そういった薬の中でも、影響が大きいと思われる薬は、前立腺肥大症や前立腺がんの治療で使われるお薬です。
この薬は、男性ホルモンの分泌を減らす作用を持っている為、その影響から肥大した前立腺などが小さくなると同時に、性欲が衰え勃起機能自体も衰えてしまいます。
男性ホルモンは性欲と深く関わっており、勃起中枢と呼ばれる脊髄の中でも男性ホルモンは働いています。
また、NOの放出に関しても男性ホルモンが深く関わっていることがわかっているため、男性ホルモンの低下がEDの原因となっているのです。

うつ病を治療する抗うつ剤や向精神薬もEDの原因になりやすい薬です
抗精神薬などはEDの原因になる事もある薬です。
これらの薬の作用が、セロトニン、ドーパミンといった脳内物質に影響を与えます。
これらの脳内物質は、性行動に深い関係があり、ドーパミンが増加した後、セロトニンが減少すると性行動が起こると言われています。
抗精神薬などは、ドーパミンを減少させてセロトニンを増加させる作用がある為、性欲の低下や勃起機能の低下を招いてしまいます。
また、向精神薬には、プロラクチンの分泌を促進してしまう作用がある為、性欲低下やEDの原因にも繋がりやすくなってしまいます。

血圧を低下させる降圧剤なども性欲を低下させます
高血圧の治療に使われている降圧剤にも、一部性欲を低下させる作用がある薬があります。
必要以上に血圧低下してしまうと、全ての意欲減退から、性欲の低下も招いてしまいます。

薬だけではなく、病気と薬とダブルでEDの原因になっている場合がある
EDは病気や薬が原因で起こる場合があります。
糖尿病の患者さんが飲んでいる薬の影響で両方からEDの原因を招いている場合も多々あるのです。
病気が原因でEDとなっていると決めつけるのではなく、薬がEDの原因になっていないかどうかも見直す必要があります。
そういった場合は、医師に相談することによって薬を変えてもらいEDが回復するといったケースもあります。
薬を飲み始めたことによってEDになった場合は、きちんと主治医に相談するべきでしょう。