バイアグラの効能について

バイアグラ

バイアグラのメカニズムにより勃起、勃起の継続を促進する事で、心因性ストレスなどによるセックスの最中に縮んでしまい中折れしてしまう人や、加齢によって血流が悪くなって、血液が流れ込みにくくなり、勃起しにくいEDの人にも効果が発揮されるという事です。

 

勃起の流れとして、まずは興奮要素、刺激があって勃起が始まります。
そうすると酵素が勃起を抑えに来てしまう。

 

それをバイアグラの効能で酵素を封じ込めてしまう。
それで結果的に勃起がずっと持続される。

 

なので興奮要素を感じる事さえ出来るなら、長時間の勃起をすることが出来るようになるので、バイアグラを飲むだけで全盛期の勃起状態を取り戻すことが容易に可能になるわけなのです。

 

そして、そのバイアグラの持続時間のお話ですが、体験談を申し上げますと、実際に私がバイアグラを服用した際に、その効果を感じたのは服用してから4時間程度でした。

 

空腹時では飲み始めてから30分くらいで効果が出始めますので、そこから計って4時間という感じでした。
ただし細かく言うと、一番ガチガチに効果があると感じたのは、服用開始1時間後~3時間までの2時間くらいでした。

 

もちろん、その日の体調によっても代わるとは思いますが、40回以上も利用した結果になりますので、平均すると大体そのくらいです。
そしてそのバイアグラ服用によるペニスの変化のお話をさせていただきます。

 

私はバイアグラを服用する前は、勃起はするがその状態を継続できない状況でした。
そしてその時の気分や気持ちが優れなかったり、相手の女性を満足させてあげようと思えば思うほど、残念な事に元に戻ってしまうといった状況でした。

 

私はバイアグラを服用した時は、女性の身体に密着しているだけで勢いよく勃起してきて、そしてそのまま放置していますとペニスがグっと痛くなるぐらいパンパンに張ってしまいます。

 

その張り具合いは、普通の状態がニョキニョキっとした感じで、バイアグラ服用でガッチガチになる、という感じです。
そしてその服用した場合は、上向きにガッツリなっていまして、亀頭が凄く膨れているような状態なのです。

 

それだけではなく、根本が凄くしっかりしてきて、横にブレないようになりました。
ちなみにバイアグラと精力剤の違いの話をします。

 

バイアグラは強く勃起をさせる、勃起を継続させるモノ。
精力剤というのは勃起するようになるために身体の精力全般を充実させるモノ。

 

ちなみにバイアグラを服用したからといって性欲は出ないのです。
その逆に精力剤を服用したからといって勃起もしないのです。

 

なのでバイアグラを服用したからといって性欲による快感を得られるわけではなく、この欲の部分に関しては五感の刺激、精力が充実した状態でやっと得られるものなのです。

 

より良い充実したセックスライフを送りたいとう方は、精力剤などのサプリメント等で精力を満たした状態で、バイアグラの服用し、セックスを行うのが最良だと思います。